旅行先で観光やスポーツをする事が楽しみです。

旅行先で観光やスポーツをする事が楽しみです。

スポーツ現場での打撲にはアイシング

サッカーや野球などのスポーツをやっていると、打ち身などの打撲をしてしまうことがあります。その名の通り、体を硬い鈍器にぶつけた時や、人との接触によって出来る傷ですが、普通は皮膚からの出血のないものの事を言います。皮膚の下に内出血を起こしている状態のことを言い、患部が青くなったり、腫れていたり、触ると痛みます。いつの間にか打撲をしているということもあり、気がつかないうちになっていることもあるのです。そういった意味では、あまり強い痛みがおきることがないのが、打撲にはあります。

もちろんぶつかった衝撃で、かなり患部が痛いこともあるので、早急にアイシングをして安静にする事が必要です。スポーツの現場ではケガによって患部が晴れている場合には、すぐにアイシング出来るように氷を用意していたり、コールドスプレーを使って、患部を早急に冷やす処置がされます。そして動かすと痛い場合は、テーピングなどの処置をした方が良いです。


Copyright(c) 2017 旅行先で観光やスポーツをする事が楽しみです。 All Rights Reserved.